生徒と友達はいいか悪いか

ある先生のレッスン体験に行ったとき、レッスン終了後、

その先生は一部の生徒とずっとおしゃべりをしていて、なかなかお話をするきっかけが掴めずに、結局かえって来てしまいました。

たぶん、いつもの風景なのだろうなあ~と思ったのですが、、、。

 

実は、

初めていった人が次にまた来るかどうかを決めるのに、

レッスンの内容だけで決めているわけではないということです。

 

生徒はレッスン後の先生のことも見ています。

 

「この先生は、どの生徒とも対等につきあう人なんだなあ」という当たり前ですが、えこひいきをかんじさせない態度が必要です。

つい、古株の生徒になると、仲良くなりすぎる傾向がありますが、

そこは、平等に接することを意識しておく必要があります。

 

生徒は友達ではなく、大切なお客様です。

お客様をフレンドリーにもてなすなら、全ての生徒に対してもフレンドリーな対応をしなくてはなりません。

当たり前といえば当たり前ですが、意外と陥りやすいサークル、多いのではないですか?!