生徒は特別扱いしつつしない

先生をやっていると、生徒は大切なお客様という意識。時として忘れてしまうことがありませんか?

先生と呼ばれるがゆえに、教える→教えられるという図式から、生徒をお客様として意識できなくなってしまうことがあります。

へたをすると、自分のほうが上の立場の勘違いが生まれ、「教えてあげている」ような感覚から友達のように接してしまったり・・。

 

あくまでも生徒はお客様です。あまり一部の生徒と仲良くしすぎると、特に新しい生徒からすると居心地の悪さを感じてしまいます。

 

特別な扱いをする時があってもいいと思いますが、全ての生徒に特別扱いがなければなりません。

生徒は常に先生を見ています。

見られていることを忘れず、全ての生徒は大切なお客様の意識をして接していきましょう。