【新島ともみベーキングスクール】

開校当初から通っている生徒さんが多いのが特徴のパンとお菓子の教室です

笑顔が素敵なだけでなく、レッスンの内容にも気配り工夫をされているすばらしい先生の教室です

田園都市線宮前平駅近くにある「新島ともみベーキングスクール」は、講師歴30年以上のベテラン先生の教室です。

 

ベテランの先生なんですが、今でもパン教室とケーキの教室にそれぞれ通って勉強されていらっしゃるそうです。

さらに、昨年は本場ドイツのドレスデンで開催されている「シュトーレン祭り」にわざわざ出向く、研究熱心な先生です。

 

でも、新島先生のすごいところは、

生徒さんごとにレッスン記録をつけていらして、

同じ内容のレシピが重ならないよう気を使ってレッスンを組んでいらっしゃるところだと思います。

もし同じシュトーレンを作るにしても、昨年とは違うアレンジでされるので、

生徒さんは毎年毎年楽しみにされています。

 

また、前のレッスンでやったノウハウを使って

次のレッスンでは復習ができるようにレシピを工夫されるなど、

本当に細かいところに気を配っていらっしゃっています。

 

そんな心配りのあるお教室だからこそ、

開校以来ず~っと通っていらっしゃる10年選手の生徒さんが多いのも頷けるな!と思いました。

 

生徒さんにお話を伺うと

「10年以上通っています。ずっと通っていますが、毎回新しい発見があるので楽しいです」

「レッスンのあとに家で作って、次のレッスンの時に、皆さんとその話をするのがまた楽しみです。こんなところでうまくできなかったとか・・」

「先生は、本当にセンスが良くて、勉強になります。パンとお菓子ができた後にみなさんでお茶をするんですが、素敵なお皿やテーブルセッティング、それにラッピングがとっても素敵で、カフェみたいなお茶会の非日常感がいいですね」

 

 

今回お邪魔した際のレッスンは、クリスマスの定番のパン「シュトーレン」と「スコーン」作りでした。

 

まずは、本日作るシュトーレンとスコーンのレシピを見ながら、

先生と生徒さんで生地を作っていきます。

 

その後、パン生地をこねる機械に入れ、ぐるぐるとこねていきます。

伺うと、生徒さん全員がこの機械を持っているそうで、ちょっとびっくりでした。

 

パン生地を発酵させている合間に、3種類のスコーン作り。

 

必ず、パンとお菓子を作っているそうです。

 

シュトーレンとスコーンが焼きあがると

テーブルには、アフタヌーンティーの準備が…。

きれいに盛り付けられたシュトーレンとスコーン、

薔薇の花と素敵なティーセットがさらにテーブルを盛り立てます。

 

それを新島先生はいとも手際よくセットしていきます。

 

生徒さんからは

「わあ~素敵!」の声が!

 

女子の心わしづかみのティーパーティーの始まりです。

 

最後は持ち帰り用のシュトーレンとスコーンを、これまた素敵にラッピングして家族へのお土産に…。

 

私まで、お土産を頂戴してしまいました。

ありがとうございました。

とっても美味しかったです。

 

 

新島先生は、笑顔が素敵でお話も面白い気さくな先生です。

先生は、

「自分が好きなパンやお菓子作りを、生徒さんと一緒に作るのが大好きなんです!」と。

 

こんな素敵なパンとお菓子の教室が「新島ともみベーキングスクール」です!

 

●新島ともみベーキングスクール https://ameblo.jp/tomomi1958/